NO MORE FUKUSHIMA 2011  映画「日本と原発」 アベ政治を許さない 3.11炉心溶融隠蔽問題 添田孝史氏「刑事裁判傍聴記」
NO NUKES! 原発の再稼働は断固阻止! 3.11 東電福島原発事故の検証なくして原発の規制基準なし!
原発にコアキャッチャーなし!、原子力防災計画審査なし!、国民に無用な被曝をさせるな! 東京が壊滅 する日 ― フクシマと日本の運命
Back number
2011/ 04 05
06 07 08 09 10 11 12  2012/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2013/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2014/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015/
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2016/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2017/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2018/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2020/ 01 02 03 04
特集ページ トリチウム海洋放出問題 県民健康調査問題 鮫川村焼却施設問題 福島原発告訴団/ 福島原発刑事訴訟支援団  SPEEDI 自主避難 ガラスバッジ

子供を放射線環境から守りたい 福島県いわき市から 更新日:2020.05.31
原子力規制委員会 定例記者会見 (平成26年7月16日) での田中俊一委員長発言
https://youtu.be/UF-271b_lC8?list=UU5_urTtPY2VjNc1YOI4rBCg&t=18m58s

以下上記動画音声より一部引用 『安全だという事は私は申し上げません』  引用終わり

原子力規制委員会設置法をあらためて読んだ。第1条の委員会の設置目的のところに「安全の確保」という言葉がちゃんと入っている。とすると、委 員長が「安全とは言いません」と記者会見で語っているのは、規制基準が不十分なものだと自ら認めていることになる。

― 川内 博史 (@kawauchihiroshi) 2014, 8月 12

原子力規制委員会設置法 http://goo.gl/EDiiKF
東京電力・福島第一原子力発電所事故から7年にあたり委員長訓示(平成30年03月09日) https://youtu.be/fFjB1dgL_Rg?t=7m44s
更田委員長: 「事故は終わっていません」「多くの方々が不安を感じています」


東京第五検察審査会の皆様 への御礼2015.7.31
勝俣恒久・武藤栄・武黒一郎の3人を「起訴すべきである」と議決頂き、本当に有難うございました。
指定弁護士からの「処分通知書」
Amazon これでも罪を問えないのですか! (福島原発告訴団50人の陳述書) http://goo.gl/tMiGBd
原発と大津波 資料と補 足 http://soeda221.wix.com/tsunami
福島原発全交流電源喪 失は津波が原因 か(その4)短 縮版
http://www.shomin-law.com/essayFukushimaSBO4digest.html
福島原発全交流電源喪失は津波が原因か(その4)
http://www.shomin-law.com/essayFukushimaSBO4.html
再論 福島第一原発1号機の全交流電源喪失は津波によるものではない
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/eKagaku_201403_Ito.pdf
2013.9.3汚染水海洋放出事件を刑事告発!
2014.6.20の報道によると、流出した 300tの汚染水に含まれる放射性物質のうちβ線核種だけで123兆Bqであることが明らかになった!
2014.4.11の報道によると、流出した 300tの汚染水に含まれる放射性物質のうちβ線核種だけで 84兆Bqであることが明らかになった!

LINK
東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html
東京電力 福島への責任 https://www.tepco.co.jp/fukushima/
東京電力 福島第一原子力発電所における日々の放射性物質の分析結果 http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/disclosure/index-j.html
東京電力
報道配布資料
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/index-j.html

東京電力 福島第一原子力発電所の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/roadmap/index-j.html
東京電力 廃炉プロジェクト 報道・データ
http://www.tepco.co.jp/decommision/news/index-j.html

IRID 技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 http://irid.or.jp/
福島原発刑事訴訟支援団
http://shien-dan.org/
福島原発告訴団 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.com/
ひだんれん 原発事故被害者団体連絡会  http://hidanren.blogspot.jp/
国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/index.html
RJIF 民間事故調査委員会 http://rebuildjpn.org/
内閣官房 東電福島原発事故調査・検証委員会 http://icanps.go.jp/
原子力規制委員会 http://www.nsr.go.jp/

首相官邸 http://www.kantei.go.jp/
経済産業省 http://www.meti.go.jp/
文部科学省 http://www.mext.go.jp/
環境省 http://www.env.go.jp/
復興庁 http://www.reconstruction.go.jp/
福島県 http://wwwcms.pref.fukushima.jp/
福島県 原子力安全対策課 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/
福島県 県民健康調査課
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/

福島県県民健康管理調査 検討委員会について http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai.html
福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター http://goo.gl/yiusn
県民健康管理センターデジタルアーカイブ
https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000338fmu

Level7 (レベルセブン) https://level7online.jp/
FUKUSHIMA STUDY http://fukushimastudy.org/

い わき市 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/index.html
いわき市保健所放射線健康管理センター http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000558/index.html
いわき市原子力対策課 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/13223/13228/019182.html
気象庁 アメダス(表形式)
  http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map25.html
YAHOO! JAPAN 震災情報 http://info.shinsai.yahoo.co.jp/index.html
Googleマップ 福島第一原子力発 電http://maps.google.co.jp/maps?q=%E7%...
NHK NEWSWEB 地震・津波情報 http://www.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html

NHK 福島県の放射線量 http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index2.html
NHK 福島県の風向・風速予想 http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index.html

文部科学省 放射線モニタリング情報 http://radioactivity.mext.go.jp/ja/
文部科学省 放射線量等分布マップ拡大サイト http://ramap.jaea.go.jp/map/

文部科学省 ご意見・お問い合わせ 入力フォーム 学校保健、学校安全、食育・学校給食に関すること https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry09/
日本の環境放射能と放射線 http://www.kankyo-hoshano.go.jp/kl_db/servlet/com_s_index
独立行政法人 家畜改良センター (牛の個体識別番号検索:左上リンクから) http://www.nlbc.go.jp/index.asp

お勧めサイト
INDEPENDENT WEB JOURNAL http://iwj.co.jp/
OurPlanet-TV http://www.ourplanet-tv.org/
ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/

武田邦彦氏 http://takedanet.com/
原子力資料情報室(CNIC) http://www.cnic.jp/

NO NUKES MORE HEARTS http://nonukesmorehearts.org/
GREEN ACTION
 http://www.greenaction-japan.org/
院長の独り言 http://onodekita.sblo.jp/
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク http://kodomozenkoku.com/

子どもたちを放射能から守る 福島ネットワーク http://kodomofukushima.net/

いわき放射能市民測定室たらちね http://iwakisokuteishitu.com/
いわき市議会議員 佐藤かずよし氏 http://skazuyoshi.exblog.jp/
山本太郎資料ファイル http://www.taro-yamamoto.jp/files/c-files/%E8%B3%87%E6%96%99
原発がどんなものか知ってほしい http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html
みんなでつくる放射線量マップ http://minnade-map.net/

リアルタイム情報
原子力規制委員会 リアルタイム線量測定システムによる福島県内の空間線量率のリアルタイム測定結果 http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/
福島県環境放射能監視テレメータシステム  http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/map/MapMs.html
JNN 福島第一原発 情報カメラ (Live) http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/ust/
東京電力 福島第一ライブカメラ(1号機側) http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html
東京電力 福島第一ライブカメラ(4号機側) http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html
ガイガーカウンター リアルタイムモニター福島高専布施雅彦研究室
 http://iwakicity.org/html/htdocs/index.php 
福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
http://www.fmu.ac.jp/home/lib/radiation/

リアルタイム震度(強震モニタ) - Yahoo!天気・災害 https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/earthquake/kyoshin/

情報公開クリアリングハウス 福島原発事故情報公開アーカイブを公開 http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=1025
東京電力 廃炉プロジェクト http://www.tepco.co.jp/decommision/index-j.html
東京電力 東日本大震災後の福島第一・第二原子力発電所の状況 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/
IRID 国際廃炉研究開発機構における 研究開発の状況について
http://www.irid.or.jp/_pdf/20170209.pdf
GREENPEACE Marine Research http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20110526_MarineResearchpresentation.pdf

福島県公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/PrefFukushima/videos

NO MORE FUKUSHIMA 2011 YouTube
http://www.youtube.com/user/nomorefukushima2011/videos

放射線被ばくの早見図(以下は放医研の図より引用) 左下の図から右下の図に変更されていますのでご注意下さい。 津田敏秀氏の解説動画 ←クリック!

20140131-0  → 20140131-1                                                                                                                                                                  
引用終わり


【モニタリングポストを撤去するな!】 https://goo.gl/E4zGy7
【原子力規制委員会】 リアルタイム線量測定システムの配置の見直しに関する住民説明会 https://goo.gl/fiqQ1C
2019.5.29 更田委員長
「(住民の)心の問題が大きく関わっており、短期間で状況が変わるとは考えにくい。存続は年単位になる」 http://archive.is/5zkES
【新潟県】原発事故に関する3つの検証について https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/genshiryoku/kensyo.html

【トリチウム等汚染水を海に捨てるな!】 経済産業省 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 https://goo.gl/8lCpsD
【経産省】【多核種除去設備等処理水の取扱いに係る説明・公聴会】 https://goo.gl/FoAiXZ
2019.03.11【これまでのALPS汚染水の処分方法をめぐる混乱を整理する】
・東電「国から方向性を出してもらいたい」
https://youtu.be/08fNPVMhNzw?t=01m00s
・経産省「ALPS小委員会では意思決定しない」
https://youtu.be/GDipCg4z_hY?t=51m18s
・規制委員会「東電が示せ」「希釈海洋放出が唯一の手段」https://youtu.be/5DjmBCT2F7c?t=10m05s
2019.3.27 更田氏「小委員会が意思決定する」 https://youtu.be/Dahfckhr-5c?t=19m34s小委員会は意思決定しませんからね!
【全国民必見!】どいつもこいつも無責任野郎だぜ!。【責任転嫁確定事案】
【下記のどちらの組織でALPS汚染水処分方法を決定するの!?】
汚染水処理対策委員会 名簿
https://goo.gl/LkmQVG 原子力災害対策本部 構成員 https://goo.gl/6Q1eY7
・2019.05.14【経産省】「長期保管も議論検討する」「小委員会での提言のとりまとめ後に、政府としての方針案を示す予定」 https://youtu.be/fB7Lv9YroEQ?t=1h45m18s
1F汚染水タンク増設適地の敷地候補は、これを見れば一発 で分かる http://urx.space/STdn  http://urx.space/C3MW
(2019.9.11東電交渉より)市民:現在計画されているタンク容量は137万トンとのことだが、その内訳を示して欲しい
東電:ALPS処理済み水が約128.5万トン、Sr処理済水が約6万トン その後、
ALPS処理済み水が約134万トン、Sr処理済水が約2.5万トンに訂正
2020.02.10 【経産省】ALPS小委員会報告書 https://bit.ly/38kt90I
2020.3.17【浪江町町議会】 https://www.town.namie.fukushima.jp/uploaded/attachment/11831.pdf
>発議第1号  福島第一原子力発電所構内に保管中のトリチウム を含む処理水の海洋放出に反対する決議(案) R2.3.17 原案可決
2020.3.24 東京電力 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 報告書を受けた当社の検討素案について
https://bit.ly/2wubS7X
ALPS汚染水処分「関係者の御意見を伺う場」公式動画への意見表明者個別リンク https://www.nomorefukushima2011.com/goiken2020.html
これ以上海を汚すな!市民会議
https://www.facebook.com/koreumi
原発処理水、海への放出絶対ダメ 国内外の320市民団体が声明 https://this.kiji.is/625248737423770721?c=39546741839462401
【「原発のない福島を!県民大集会」実行委員会】「トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名」への賛同をお願いします http://chng.it/MsGFKpbr

【東洋経済ONLINE】新型コロナウイルス国内感染 の状況 https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
【日本における2019-nCoV問題】 https://www.nomorefukushima2011.com/2019-nCoV.html


2020.05.31 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,270回 /排水量 897,827t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,102億1,549万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

伊達市被ばくデータ提供に関する調査委員会 報告書 令和2年3月17日
https://www.city.fukushima-date.lg.jp/uploaded/attachment/43948.pdf

風化防止と防災学習の拠点に いわき震災伝承みらい館開館
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200531_63025.html


2020.05.30 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,269回 /排水量 897,181t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,095億6,949万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

核燃料の福島県外搬出明記せず 第二原発廃止措置計画
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020053075900

核燃料やその他放射性廃棄物の扱いについては、1Fのそれについても県外搬出完了時期(あと20〜30年後?)と場所は未定。
県外搬出完了時期が決まっているのは、1F周辺の中間貯蔵施設の放射性廃棄物ですが、これも搬出場所は未定のままですね。
簡単に言うと、1Fと2Fの廃棄物搬出完了時期と場所は未定。法律で担保されているのは、中間貯蔵施設
の廃棄物搬出完了時期のみ。

東海第2賛否の茨城県民投票条例案 東海村長「関心持ち見る」
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15907525973278


2020.05.29 記述
同意なくデータ提供 市長が陳謝
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200529/6050010407.html

以下上記より一部引用

伊達市は、平成23年の8月から「ガラスバッジ」と呼ばれる線量計を市民に配って被ばく線量を測定し、データの分析を
福島県立医科大学の研究者に依頼していましたが、その際、事前に同意を得ていない市民のデータも提供していたことがわ
かり、市は去年、調査委員会を設置し、経緯を調べていました。

その報告書によりますと、同意を得ず提供されたデータは3万人あまりにのぼり、管理職の決裁を受けず、記録も残さない
形で持ち出されていて、「行政の事務手続きや個人情報の取扱いとして不適切だった」と指摘しています。

須田市長は29日の定例会見で、研究者とのやりとりなど関わった職員5人のうち、退職した職員を除く3人に再度、聞き
取りを行い、必要と認められれば、処分を行う考えを明らかにしました。

引用終わり

これって、刑事事件なんではないでしょうか?。

サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,268回 /排水量 896,176t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,086億4,489万Bq(第三者機関測定値)
地下水バイパス:これまでの海洋への放出回数 326回 /排水量 552,487t /放出した危険なトリチウムはおよそ 781億5,779.5万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

渦中でも続いた汚染水処分の聴取 形ばかりの透明性では
https://www.asahi.com/articles/ASN5V4RZVN5TULZU00X.html

【日本政府による1F汚染水の取り扱い方針決定に向けての縦割り構造確認事項】
「汚染水処理対策委員会」
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html#osensuitaisaku_mt
の事務局は、ALPS小委員会と同じ「資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力発電所事故収束対応室」

「廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/hairo_osensui/
の事務局は、こちらも「資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力発電所事故収束対応室」

「原子力災害対策本部」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/
の事務局は、東京都千代田区永田町1-6-1ですので、こちらの事務局は内閣府内であることを電話で確認。
昨日までの「黒川訓告処分問題」で行政の構造を知る意味の重要さが分かりましたので、基本事項として押さえておきたい。

東電 福島第二原発の廃炉計画を原子力規制委に申請
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012450531000.html

以下上記より一部引用

計画によりますと、廃炉は作業着手から44年かけて完了させるとしています。また、使用済み燃料プールにあるおよそ
1万体の核燃料は作業着手から22年かけて取り出し、再処理などを行う事業者に渡すとしています。

廃炉作業の着手の時期について東京電力は計画が認可された後に決定するとしています。

このほか、廃炉で発生する放射性廃棄物はおよそ5万トンとし、核燃料の処理をのぞく費用の総額はおよそ2800億円と
見積もっています。

引用終わり

過酷事故を起こしていない原発の廃炉が44年。過酷事故を起こした1F原発廃炉目標は現在から20〜30年(事故から30〜40年)とは意味不明。

学校給食に「福島県産牛」使用へ 購入費支援、地鶏や水産物も
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200529-502550.php

福島県浜通りに大学設置検討 教育拠点の最終報告素案
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200529_61007.html

以下上記より一部引用

小中高生に関しては最先端の研究現場を学ぶワークショップや出前講座、技術を競い合うコンテストを開き、課題解決の
能力を育む。県外大学への進学で優秀な人材が流出するのを防ぐため、拠点への将来的な関与を条件にした地域連携型の
選抜入試も取り入れる。

引用終わり

核燃再処理工場 もはや合理性がない
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31915


2020.05.28 記述
2019年度の、フクイチからのトリチウム管理放出量は約2600億ベクレル
https://plaza.rakuten.co.jp/haruhasi/diary/202005210000/

以下上記より一部引用

大気中への放出量はノーチェックでしたので、今回初めて調べてみて、海中への放出量を上回っていることには
少々驚かされました。しかも、メルトダウンを免れて冷温停止状態になっている5・6号機からの放出が大半です。

引用終わり

上記の記事は全国民必見ですよ!。私もまさかと思う数字に驚愕しましたから。。。

帰還困難区域、解除方針など具体化を 6町村、国に要望書 /福島
https://mainichi.jp/articles/20200528/ddl/k07/040/184000c

柏崎刈羽原発の規定再検討を要求 規制委「責任が明確でない」
https://this.kiji.is/638581301459747937?c=39546741839462401

避難時間の試算 住民側が不備指摘 女川2号機仮処分、仙台地裁第5回審尋
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200528_13008.html


2020.05.27 記述
食品放射能分析、基準値超は51件 南相馬市・4月 /福島
https://mainichi.jp/articles/20200527/ddl/k07/040/075000c

【東京電力福島第一原発事故に伴う汚染水の取り扱いについて】※以下、いわき市議会議員 佐藤和良氏のBLOGから
国の説明終了せず、汚染水のいわき市議会説明
https://skazuyoshi.exblog.jp/29018191/
汚染水の取り扱いに関する質問への国の回答
https://skazuyoshi.exblog.jp/29018308/
汚染水、創世会の再質問と国の回答
https://skazuyoshi.exblog.jp/29019796/

変形核燃料4体動かせず、3号機プール
https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1447

福島の被災地、国際センターで6千人移住 復興庁試算
https://www.asahi.com/articles/ASN5W61ZLN5WULZU00K.html

ロシアで世界初の洋上原発が商業運転始める
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31407


2020.05.26 記述
【ひだんれん】新型コロナ災害下における原発事故避難者の
暮らしと住まいの不安に関する緊急アンケート調査

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfgSpK79DxSsb6fEmBngon7R0HgWVDeYQXnom41PFTMv_5noQ/viewform

甲状腺検査、新たに5人がん確定 県民健康調査・検討委員会
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200526-501529.php

大問題:検査4回目でありながら、これまでに11人もの確定診断ですよ!!。なので医大側は節目検査で数を絞りたいのではないか。
医大と県側は節目検査(2年間隔の検査から20歳になれば5年間隔の検査に移行する)で数を絞りたいのではないか。
これを検討委員会側が了承した時点で、検査の制度設計に対する信頼性は崩壊している。コロナ同様の検査数抑制効果作戦だ!。
この問題は非常に大きいと思うが、これまで報道されたことがないに等しいと理解している。

福島原発事故 県民健康調査 妊産婦、本年度で終了
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052602000253.html

福島)妊産婦調査、今年度で終了 原発の影響ないと評価
https://www.asahi.com/articles/ASN5T6T89N5TUGTB00J.html

以下上記より一部引用

早産や低出生体重児の割合は全国平均と同程度で、先天異常は一般的な発生率と比べて高くないといい、検討委は
「事故の放射線による影響はない」とみている。

引用終わり


以前の調査結果では先天異常の「多指症」の割合が他県に比べて多かったと記憶する。委員会でさらっと祖父江氏が
説明したが、それを指摘する委員は全くいなかった。基本的にダメダメ委員会なんですよ。
【全国平均の1.46倍!】2018.3.5の記録:
https://twitter.com/NMFUKUSHIMA2011/status/970574879425642496
【対1万出産比 多指症 福島12.0 (全国平均8.2) 】これで「有意差はない」との評価に唖然とするぜ。@−35参照
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/255415.pdf

サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,267回 /排水量 895,476t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,079億8,689万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

東京電力福島第一原発の処理済み汚染水(ALPS処理水)の放出案に
反対する
パブリックコメントを提出しました【生活クラブ生協連合会】

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000447.000002456&g=prt

東海第二再稼働 県民投票 全県議へ「条例案、賛成を」 中高生が直筆の手紙
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202005/CK2020052602000144.html

子供たちから突き付けられた未来への展望!。


2020.05.25 記述
第38回「県民健康調査」検討委員会(令和2年5月25日)の資料について
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-38.html

県民健康調査「甲状腺検査【本格検査(検査 5 回目)】」実施計画(案)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/386034.pdf

以下上記より一部引用

4 新たな取組

(1)お知らせ文の改訂
検査のお知らせ等内容を見直し、検査対象者に対し、甲状腺検査のメリット・デメリットを丁寧に説明する。
また、小学生・中学生向けの説明文を作成する等様々な方法により、分かりやすく周知を図っていく。

(2)インフォームド・コンセントの拡充

甲状腺検査については、一次検査においても 16 歳以上 20 歳未満の者からの自署による同意を得ることとする。

引用終わり

この「4 新たな取組」作戦で検査数を抑制させるの?。新型コロナと同じで検査数が少なければ陽性数も少なくなるの法則でしょうかね!?。
怖い怖い!。。。


1学期中の甲状腺検査は延期
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200525/6050010346.html

延期は本日の検討委員会開催前に福島県が勝手に決定。だから記事には「専門家の委員会で報告」となる。
要するに専門家委員会は延期を追認したということだ。

【ライブ配信】25日13時半〜福島県「県民健康調査」検討委員会
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2505

東電、被ばく検査で「替え玉」 福島第1原発の作業員、31件
https://this.kiji.is/637638986814391393

東京電力 福島第一原子力発電所 ホールボディカウンタによる不適切な測定に関する
富岡労働基準監督署への調査結果および再発防止対策の報告について

https://www.tepco.co.jp/decommission/information/newsrelease/reference/pdf/2020/1h/rf_20200525_3.pdf

以下上記より一部引用

当社といたしましては、本人以外の管理区域立入許可証(以下「許可証」)を使ってWBC測定をしたという本事案について、
被ばく線量管理を適切に行う上で重大な問題であったと重く受け止め、 係員が測定者の本人確認を行う運用を継続すると
ともに、協力企業各社への周知徹底や元請企業各社への指導等、再発防止の徹底に努めてまいります。

引用終わり

つまり、替え玉測定していたのに気が付きませんでしたと。。。

サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,266回 /排水量 894,933t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,074億4,389万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島第1処理水放出、政府の説明会一巡 市町村議会の温度差鮮明
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200525_61022.html

以下上記より一部引用

資源エネルギー庁の木野正登参事官は「風評被害の不安が根強いのは原発事故を経験した県民の意見としては当然。
国としてしっかり受け止め、被害を抑える処分方法を含めて検討したい」と語った。

引用終わり


では陸上長期保管で宜しくね!。

トリチウムなど含む水の扱い 一般意見募集の期限を延長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200525/k10012443301000.html

これニュースと言えるのか、まるで経産省のプレスリリースじゃんか!。

原発事故処理に再エネ財源流用 政府提出のエネ特会改正案
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202005/CK2020052502000141.html

このトンデモナイ法案は経産省主導か!?。

原発再稼働、県民投票で直接請求 東海第2、住民団体が茨城県に
https://this.kiji.is/637581448481604705?c=39546741839462401

関西電力、役員報酬を個別開示へ 金品受領問題の信頼回復に向け
https://this.kiji.is/637461281753531489?c=39546741839462401


2020.05.24 記述
福島の甲状腺調査、コロナ禍で一部休止 なし崩しの縮小に懸念
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2020052402000116.html

【原子力規制委員会】第72回特定原子力施設監視・評価検討会(2019年06月17日)
https://youtu.be/GAap1l3bgyY

第72回特定原子力施設監視・評価検討会 配布資料等
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tokutei_kanshi/00000070.html

上記資料等は昨日記述のC14(炭素14核種)関連事項です。不覚にも私はこれに気付いていませんでした。。。

【開催報告】東京電力福島第一原発のALPS処理水の扱いに関してのヒアリングの実施について
http://blog.livedoor.jp/gempatsu0/archives/22548119.html

経産省への質問と回答
http://blog.livedoor.jp/gempatsu0/200521meti.pdf

原子力規制庁への質問と回答
http://blog.livedoor.jp/gempatsu0/200521nra.pdf

東電への質問と回答
http://blog.livedoor.jp/gempatsu0/200521tepco.pdf

まさの様、色々お疲れさまでした&有難うございました。一番スットボケているのは、やはり経産省ですね。
https://twitter.com/masanoatsuko/status/1264474166863884288


2020.05.23 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,265回 /排水量 894,386t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,069億3,518万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

【大拡散!】経産省と東電は1F汚染水の取り扱いについて、詳細計算をやり直さなければならない、
というトンデモナイ重大案件が勃発した件。

https://twitter.com/NMFUKUSHIMA2011/status/1264002533447462912

以下上記より全文引用

まさのあつこ氏 https://twitter.com/masanoatsuko/status/1263617078575038464

原発ゼロの会世話人議員らが、5月21日に経産省、原子力規制庁、東電からヒアリングをしたのだが、
 大きく2つのことが判明。
その前提として、

経産省は、汚染水に含まれている放射性物質の告示濃度限度の総和比が
1倍以下はそのまま放出、
1倍〜約2万倍は二次処理して放出するという考えを東電に検討素案として示させてきたのだが、
https://www.tepco.co.jp/decommission/progress/watertreatment/images/200324.pdf

よくよく聞いてみると、 1. 告示濃度限度の総和比の「1倍以下」にも「1〜約2万倍」にも、その計算に、トリチウムだけでなく、炭素
14(C-14)も入っていなかった。
炭素14とは、昨年、原子力規制庁が東電に調べさせたら、汚染水の放射線量の寄与率が「主要7核種」より高
いことが判明した核種だ。

「主要7核種」より炭素14やテクネシウム99の方が多く含まれているのに、
経産省の「御意見を伺う会」や「意見募集」の公開データには、
Tc-99は告示濃度限度総和比の計算にいれた62核種に含まれているが、炭素14は含んでいない。
(ちなみに昨年6月規制庁に示された資料 https://www.nsr.go.jp/data/000273573.pdf

Q人々に意見を聞くのにどうして炭素14を計算に入れてないのか?
Q今後入れるのか?
Qいつまでに入れるのか?
と阿部とも子(ゼロの会事務局長)が聞いたら
経産省が
A入れます
A全部測定が終わるのかわかりません
A分かっているデータだけでも先にお知らせしたかったからです
と答えた。

えーーーーー?
海洋放出する素案を出して
人々に「御意見を伺う」というなら、全部測定して、計算してからでしょう?
と、
これが一つ目の分かった
凄いと思ったこと。
これひどくないですか?

簡単に言えば、
「トリチウム以外は62核種合計して、告示濃度限度(放出してもよい基準)以下です」
と言っていたのに、
「いや、合計する計算に入れていない核種(炭素14)がまだ他にもありました!」ということ。

ちなみに 「トリチウム以外は62核種合計して、告示濃度限度(放出してもよい基準)以下です」
と言っていたのに、
「いや、合計する計算に入れていない核種(炭素14)がまだ他にもありました!」というのは、3割弱のみ。
7割強はトリチウムも炭素14も計算に入れずとも告示濃度限度以上。最大約2万倍。

引用終わり


2020.05.22 記述
地下水バイパス:これまでの海洋への放出回数 325回 /排水量 550,755t /放出した危険なトリチウムはおよそ 779億4,995.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,264回 /排水量 893,819t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,063億6,818万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島 大熊町 原発事故の帰還困難区域で初の田植え
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200522/k10012441121000.html

原電の無断書き換え・削除80カ所に 敦賀2号機資料 規制委、影響議論へ
https://mainichi.jp/articles/20200522/k00/00m/040/188000c

高浜町長、原発40年超運転の同意「地元振興など基準」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59400950R20C20A5962M00/

東海第二差し止め訴訟 7月2日に結審
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202005/CK2020052202000240.html

未来なき再処理工場 まるで太平洋戦争末期にそっくりじゃ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273504


2020.05.21 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,263回 /排水量 893,287t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,057億8,298万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島第1原発の処理水放出へ?手続き着々 政府、コロナ禍でも意見聴取会合3回
https://this.kiji.is/635426705271686241?c=39546741839462401

ALPS汚染水処分「関係者の御意見を伺う場」公式動画への意見表明者個別リンク https://www.nomorefukushima2011.com/goiken2020.html

使用済み核燃料、1体動かず 取っ手変形、福島第1原発3号機
https://this.kiji.is/636164383407752289?c=39546741839462401

女川原発5キロ圏、避難に平均50時間 宮城県試算 対策なしなら5日以上
https://www.kahoku.co.jp/special/spe1090/20200521_02.html

原電、販売電力量ゼロでも黒字 大手電力が原発維持費で支え
https://this.kiji.is/636135920416457825?c=39546741839462401


2020.05.20 記述
飯舘村が帰還困難全域の解除要望 「復興公園」整備で自由往来に
https://this.kiji.is/635763845731370081?c=39546741839462401


2020.05.19 記述
「県民健康調査」検討委員会の取材について福島県に要望書を提出
http://ourplanet-tv.org/?q=node/2502

福島県は勝手に甲状腺検査を中断させたり勝手に取材制限をするなど、一体どの方向を見て仕事をしているのでしょうか。
「三密を避けることが理由」とか言っていますが、福島県は日本政府からの緊急事態宣言を5月14日に解除された地域であり、
もはや特定警戒区域ではありません。25日の検討委員会後の記者会見のライブ配信は行わないとか本当にどうかしてるぜ!。

【福島県県民健康調査課】会議開催のお知らせ
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-38.html

【驚愕!福島県は第38回県民健康調査検討委員会開催場所を非公表】
なんと!上記案内に開催場所が公表されていない件!!。電話で開催場所を尋ねても教えてくれなかった!!。
これらの件を先程、福島県民の一人として担当課へ電話で猛抗議しました。21日の木曜日までに保健福祉部長
まで当該意見を上げることで合意しました。コロナ禍で福島県行政は好き勝手に何でも決めるなよ!。

サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,262回 /排水量 892,666t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,050億9,988万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

処理汚染水について6都県の漁協にアンケート
9割が海洋放出に「反対」、85%が「福島県外での意見聴取を行うべき」

https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200519.html

福島第1原発の処理水放出、周辺38漁協が反対 環境NGOアンケート
https://mainichi.jp/articles/20200519/k00/00m/040/161000c

以下は3年前の文書です(参考資料)。【海洋放出に「賛成」と回答した漁協さんへ、以下の文書の存在は認識しているのでしょうか】

JF 全漁連 汚染処理水の海洋放出言及に対する厳重抗議
https://www.zengyoren.or.jp/cmsupload/press/115/20170714toudenkougi.pdf

鹿児島 川内原発2号機 20日午後運転停止へ 新規制基準に基づき
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200519/k10012436731000.html


2020.05.18 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,261回 /排水量 892,029t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,043億9,918万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島第一原発の炉心溶融デブリ スリーマイルより複雑
https://www.asahi.com/articles/ASN5H64PHN4QULBJ00J.html

【福島での「廃炉」とは】
・中長期ロードマップでは「20〜30年後の廃炉が目標」 ・通常原発の「廃炉」では「更地」が可能
・東電福島第一原発での「廃炉」の形態は見えない ・4、5、6号機:非メルトダウン ・1、2、3、号機:メルトダウン
【1F汚染水処分はどうする】3次元パズルで考えよう!。時間軸を入れると四次元ですね。

福井の3原発差し止め仮処分申請 住民「コロナで避難不可」
https://this.kiji.is/635037559527031905?c=39546741839462401

関電コンプライアンス委が初会合 役員報酬の補塡など検証 金品受領問題
https://mainichi.jp/articles/20200518/k00/00m/040/237000c

川内原発2号機、20日に停止 全国2番目、対テロ施設遅れ
https://this.kiji.is/635052156240970849?c=39546741839462401


2020.05.17 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,260回 /排水量 891,366t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,037億6,933万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

ALPS処理水を巡る20年5月半ばまでの経緯と5つの私見
https://plaza.rakuten.co.jp/haruhasi/diary/202005160000/

やはり以下のような新聞やTVの報道だけ見ている国民には、これまでの具体的な経緯が分からず、問題点も理解出来ませんよね。
特に経産省のやり口は見えませんから、上記記事を書いた春橋さんのようにコツコツと事実を積み重ね、記録を基にした見解は大変
参考になります。いつも有難うございます。

福島)原発の処理済み汚染水 各首長や議会に温度差
https://www.asahi.com/articles/ASN5J6SN2N5FUGTB00Q.html

経産省による「県内首長の御意見を伺う場」や「各議会への説明会」のまとめ記事ですが、紙面の制約等があって事実を掴みきれてはいませんね。
ALPS汚染水処分「関係者の御意見を伺う場」公式動画への意見表明者個別リンク https://www.nomorefukushima2011.com/goiken2020.html
の全てを見るのは苦労しますが、こちらを見ても浜通り地方を中心に意見を聞いたが、中通り地方や会津地方は、その対象から除外されているように
感じる。経産省は今後も福島市、郡山市、会津若松市の意見は聞かないのか。


経産省が呼ばないなら、こちらから呼び付けて意見すれば良い。本来はそうするべき事案だと以前より思っている。常識的に被害者側が加害者側の
ペースに合わせる必要は全くないよね。さらに言えば、放出反対の立場の茨城県の自治体首長や、最低でも東日本全域、国際社会からの意見も必要。


2020.05.16 記述
研究者ら600人規模想定 福島教育拠点 24年度開設目指す
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200516_11004.html

阿蘇山で火山活動高まる 今後の活動の推移に注意を 気象庁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200516/k10012432961000.html

「避難所以外も選択肢」新型コロナ感染リスク避ける避難 提言
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200516/k10012432411000.html


2020.05.15 記述
地下水バイパス:これまでの海洋への放出回数 324回 /排水量 548,994t /放出した危険なトリチウムはおよそ 777億3,863.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,259回 /排水量 890,690t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,031億5,417万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!
昨日 (2020.05.14)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は7800億Bq超となりました。

2020.5.13 木幡浩福島市長「(1Fからの拡散シミュレーションについて)
なんでこんなものが出たのかな?非常に疑問だ!」



福島市の首長である公人が会見の席で疑問を呈したのだから、経産省と東電は説明責任を果たさなければならないのは当然だ!。
経産省主催の「御意見を伺う場」には、何故か木幡市長は呼ばれていないのも大変不思議な話だね!(中通り地方軽視)。

福島第1原発処理水、海洋放出 地元懸念根強く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59077060U0A510C2TJN000/

上記の記事にある図の下には「(注)東京電力の資料をもとに作成」とある。確かに2020.3.24に東電が公表した「検討素案」をもとに
すれば、概ねこのよな形になるだろう。しかし、ALPS小委員会報告書には「放出場所」等に
ついての言及はない(要確認)。
小委員会報告書
https://bit.ly/38kt90I

東京電力が3.24に出した資料の正式名称は「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 報告書を受けた当社の検討素案について」
となっている(要確認)。
https://www.tepco.co.jp/decommission/information/newsrelease/reference/pdf/2020/1h/rf_20200324_1.pdf
東電検討素案を説明する東電の松本氏:
https://youtu.be/qlYug6GnTjg

上記の資料にはなぜか「福島県沖の拡散シミュレーション(4種)」が示されているのだ。4月8日に行われた市民団体と東電による交渉
の席で市民は「福島から放出したいのか」と厳重抗議した。


このことだけでも福島県民にとっては衝撃的内容なのだが、この後にさらなる事実が表面化したのだ。私個人の受け止めでは「東電検
討素案」は、実は「経産省検討素案」ではないかと疑っている。(以下の記事を参照)


経産省から衆議院議員阿部とも子氏への答弁書に示された記述には「経産省が東電に「拡散シミュレーションを作ること」を含め、処理
水の処分方法の具体的かつ技術的な素案を示すことを求めた。」とあるからだ。
この経緯について経産省
と東電は詳細に説明責任を果たせ!。
http://abetomoko.jp/data/archives/217

工事再開 知事「感染予防徹底を」 柏崎原発 特殊技能者130人来県へ
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20200514543337.html

九電、情報共有不足で過少報告 玄海原発の廃棄物排出量
https://this.kiji.is/633997603577054305?c=39546741839462401

以下上記より一部引用

期間は1983年度以降の36年間に及び、記録が残る2009〜18年度のうち最大だった10年度は報告の3.7倍のトリチウムを排出していた。

引用終わり

【九州電力】トリチウムの放出量算定値の訂正及び評価について
http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0241/3663/ka36jt2m.pdf

これも北海道電力同様に「軽微な違反」なんだろうか。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200514/7000021103.html
国も事業者もトリチウムの放出については大甘の評価ですな!。許せん!。トリチウムの放出を問題視されると何か不都合なのかな?。
問題になると世界的に原子力関連事業が成立しないから「赤信号みんなで渡れば怖くない」理論かよ。

関電の監査役が堂々と講演「ブラックジョークか」
https://www.asahi.com/articles/ASN5F52X7N4ZUTPB009.html


2020.05.14 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,258回 /排水量 889,849t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,024億0,568万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

汚染処理水 福島市長「他地域 放出議論を」 政府の姿勢を批判 /福島
https://mainichi.jp/articles/20200514/ddl/k07/040/043000c

処理水処分「県内前提」に懸念 福島市長、全国的視点求める
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020051475449

以下上記より一部引用

木幡浩福島市長は十三日の定例記者会見で、処分場所について「福島での処分を前提とした議論が 多いと受け止めている」
と懸念を示した。 

引用終わり

【福島市】令和2年5月13日定例記者会見 https://youtu.be/TyJgIzkoJHc?t=44m12s
【木幡浩福島市長】「なぜ東電検討 素案に福島県沖のシミュレーションを出したのか」「これをマスコミの皆さんに調べて貰いたい」
木幡さん!調べたし東電にも抗議し ましたよ。なぜかマスコミはこれを報道しようとしませんでした。本日、 福島市広報広聴課へ情報提供した。

2020.3.24 東京電力 福島第一原発汚染水の取扱い検討素案(海洋放出:拡散シミュレーション)
https://youtu.be/qlYug6GnTjg
皆様、上記動画を見れば問題点を大変理解しやすいですよ!。「福島での処分 前提の議論」は経産省による誘導ではないのかと疑っています。
上記YouTubeの下の「もっと見る」に時系列に沿って記事を書きましたので、良かったら見てやって下さい。下記の動画も宜しくお願い致します。
福島ミエルカプロジェクト:福島の漁師たちー『汚染水』を放出しないで
https://youtu.be/FdUvwSV4XP8

八つの建造物が劣化で高リスク
https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1438

以下上記より一部引用

34万カ所に及ぶ機械設備や電気機器のうち、約3万6000カ所で、放射性物質の漏えいを防ぐ 設備とその漏えいを検知する
機器の両方が不備であることも判明


引用終わり


六ケ所・核燃再処理工場が安全審査通過 「ごみたまる一方」住民不安の声
https://mainichi.jp/articles/20200514/k00/00m/040/079000c

青森・六ケ所村 核燃再処理 新基準「適合」 規制委「工場稼働まで長期化も」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051402000138.html

再処理工場、そもそも必要? 行き詰まる中得た「適合」
https://www.asahi.com/articles/ASN5F6QV8N5FULBJ013.html

青森 再処理工場 「合格」後の検査に時間 原子力規制委
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200514/k10012429191000.html

もんじゅ燃料追加取り出し前倒しへ 原子力機構、5月15日から最大44本
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1085677

原発事故の避難計画 感染症対策を検討へ 内閣府 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200514/k10012429081000.html

泊原発過少報告は“軽微な違反”
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200514/7000021103.html

どこが軽微なんでしょうか。。。


2020.05.13 記述
福島原発処理水の海洋放出に反対  台湾の環境保護団体、意見書を提出

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202005130007.aspx

全量検査縮小、負担 緩和へ 福島のコメと肉牛
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59046180T10C20A5CR8000/

水中ロボの操作訓練公開 6月に2号機燃料プール調査―福島第1
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051301071&g=soc

原発避難の独居高齢者、コロナで交流できず 孤立の恐れ 福島・いわき
https://mainichi.jp/articles/20200513/k00/00m/040/136000c

青森県 再処理工場 新規制基準に適合 事実上合格 原子力規制委
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200513/k10012428051000.html


2020.05.12 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,257回 /排水量 888,845t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,015億0,208万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

トリ水処分巡り新地議会に説明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200512/6050010186.html

以下上記より一部引用

国は、福島県の沿岸部と、原発事故で避難指示が出されたあわせて15の自治体の議会で会議を開 催していて、12日の新地
町議会で会議は一巡しました。


引用終わり


いわき市議会での説明はなし!(議会側が4月23or24日開催予定の中止 を決定)。いわき市議会による中止決定は4月15日。
これは、いわき市議会がコロナ渦の最中に全員協議会の開催は困難と判断した為の措置です。

経産省、コロナ禍でも「御意見を伺う場」 聞こえた本音
https://www.asahi.com/articles/ASN5B7X27N58ULZU002.html

以下上記より一部引用

別の政府関係者は私の取材に「本音」を打ち明けた。「漁協を筆頭に地元は海洋放出に同意するわ けないから、こっち(政府側)
から押し倒して、あとは(補償金額の)条件闘争にもっていくしかないだろう。満水になるのが 22年夏だから、地元と条件をまと
めるには遅くても年内ということだ」

引用終わり


個人的見解:「金」の問題ではない!。「人と環境を守る」のが本来の使命。 3.11東電福島原発事故の未来への責任において
「放出」の選択肢は許されない。4、5、6号機を更地にしてデブリ等廃棄物 を管理保管すれば1F敷地内の有効活用も出来るはずだ。
汚染水タンクは直ちに5、6号機北側に増設せよ。

政府、処理水処分方法で関係者から意見聴取 全出席者が風評被害対策要望
https://mainichi.jp/articles/20200512/k00/00m/040/017000c

多分国民の多くは、この問題は「福島の問題」と捉えているのではないか。し かしALPS小委員会の報告書には放出場所についての
言及・記載はありません。どこから放出しようとしているのか現在まで不明で す。東電検討素案には福島沖のシミュレーションが
4パターン記載されているのも、その要因かもね!。

風評対策に具体案 処理水処分巡り県外関係者から意見聴取
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200512-497501.php

福島原発汚染水 海洋放出の可能性に韓国海軍が対応苦慮=関連 研究推進
http://yna.kr/AJP20200512001100882

核燃料再処理工場の合格見送りを 210団体、規制委に要望
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020051201002441.html

以下上記より一部引用

審査に関し「地震想定の議論が不足し、巨大噴火のリスクが無視されている」などと問題視。高レ ベル廃液貯槽での臨界事故の恐れが
ある他、再処理工場の稼働で放射性物質トリチウムが大量に海洋放出されると指摘

引用終わり


ここでもトリチウム問題勃発ですね!。

放射性物質付着 県が検査場34カ所決定 東海第二 事故の規模、想定せず
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202005/CK2020051202000147.html

再処理工場合格へ13日に議論 規制委、核燃サイクルの中核施設
https://this.kiji.is/632504870371198049?c=39546741839462401

日本海溝・千島海溝 沿いの地震被害想定 東通と大間、審査反映へ 規制委
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200512_73032.html


2020.05.11 記述
福島県・甲状腺検査を延期〜学校検査は9月以降
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2499

以下上記より一部引用

感染症対策をしながらの検査となるため、従来のように1日数百人から1000人規模の検査をこ なすのは難しい可能性もあり、
今後スケジュールの見直しをや5巡目の検査が計画通りに終了しない恐れもある。このため、県で は検査のあり方を検討している
「県民健康調査課」検討委員会に状況を報告し、今後の対応を決めたいとしている。

引用終わり


サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,256回 /排水量 887,837t /放出した危険なトリチウムはおよ 7,006億7,552万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

コロナ禍に紛れ…進むトリチウム 水放出案 福島の漁業またも逆風
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2020051102000134.html

【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに係る書面での意見募集期限を 延長します
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200511004/20200511004.html

トリチウム含む水の処分 国が経団連など関係団体から意見聞く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200511/k10012425141000.html

以下上記より一部引用

経団連の根本勝則専 務理事は、「処分方法については、科学的根拠に基づいて合理的な判断を下すことが大前提で、
できるだけ国民の理解を得られる形で最適な処分策を決定してほしい」と述べたうえで、風評被害 への具体策として、
ふるさと納税や災害義援金の仕組みを活用して全国で被災地の産品の消費拡大をバックアップする 体制を作るべきだ
と提案しました。

大手から中小まで全国およそ1200の旅行会社からなる日本旅行業協会の志村格理事長は、「処 分方法については、専
門家の検討を経て地域関係者の合意を得た形で決定されるなら最大限尊重する」としたうえで、観 光を振興すること
で農林水産業などの風評を最低限におさえたいとして、現地の食材購入などで使える地域振興券の 発行や、交通アク
セスや多言語表記などインフラの向上も図るべきだと指摘しました。

全国5600社の中小の旅行業者からなる全国旅行業協会の有野一馬専務理事は、「福島第一原発 に多数の処理水のタン
クが並ぶ状況が事故の象徴的な印象として国内外に伝わり、観光にマイナスの影響が生じているの ではないか。処理
水の処分を進めることが重要な時期に来ている」と述べ、処分方法については、「徹底した安全管 理や風評被害対策
などを前提として海洋放出する案が、選択しうる現実的な1つの方法ではないか」と述べました。

食料品を主体とした全国82社で作る日本スーパーマーケット協会の江口法生専務理事は、「福島 県産の食品の販売は、
震災前の状態まで戻っておらず、処理水の問題は新しい風評につながる可能性が高いと懸念してい る。客が安全であ
ると認知して初めて、買ってもらえるので、SNSなどを使い一般の消費者にいかに安全性を発信 できるかが重要だ」
と述べました。

全国のスーパーやホームセンターなどで作る日本チェーンストア協会の井上淳専務理事は、「海や 大気への放出、そ
れに保管の選択肢があるが、できるなら保管し続けてほしいというのが多くの人の偽らざる心情 で、いかに安心を確
保するかが重要だ。国民の安心が得られなければ放出を行わない覚悟が必要だ」と指摘したうえ で、処分方法を決定
するプロセスについて、「多くの国民は、政府や専門家が長い時間をかけて処分方法を検討してき たことを知らない。
情報のギャップがあることを認識しないと、結論ありきで押しつけているという不信感につながる ので、選択肢のメ
リットとデメリットを示して、比較判断をともに考える課題共有のプロセスも必要ではないか」と 述べました。

引用終わり

福島原発の処理水処分、東京 で意見聴取 経済団体から
https://www.asahi.com/articles/ASN5C66NCN5CULBJ001.html

原発の処理水放出「安全担保を」 福島県外で第3回意見聴取
https://this.kiji.is/632431459943548001

多核種除去設備等処理水の取 扱いに係る関係者の御意見を伺う場(第3回)
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/takakushu_iken/0511_01.html

更新 ALPS汚染水処分「関係者の 御意見を伺う場」公式動画への意見表明者個別リンク
https://www.nomorefukushima2011.com/goiken2020.html

高レベル廃棄物貯蔵センター審査が終盤に
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/350425


2020.05.10 記述
【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに係る「関係者の御意見を伺う 場」(第3回)を開催します
https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200428006/20200428006.html

以下上記より一部引用

・緊急事態宣言の延長を踏まえ、Web会議での開催とします(2020年5月7日)

引用終わり


多核種除去設備等処理水の取扱いに係る関係者の御意見を伺う場(第3回)
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/takakushu_iken/0511_01.html

明日午前10時頃に、上記ページに配布資料等やYouTube配信へのリン クが掲載されると思われます。
コロナ騒ぎの中、明日の「御意見を伺う場」の後の段取りを加害者である経産省が勝手に決めるのは、
理不尽そのものであると思います。国民はパブコメでの意見表明しか出来ないとすれば、経産省の身勝手の
極みではないでしょうか。

ALPS汚染水処分「関係者の 御意見を伺う場」公式動画への意見表明者個別リンク
https://www.nomorefukushima2011.com/goiken2020.html

上記個別リンクページは、明日の夜までにリンクを構築する予定です。宜しくお願い致します。

福島第1原発処理水 農林水産団体、風評懸念し放出に反対
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200510_63001.html

汚染処理水処分方法、国民的議論になるか 福島第一原発 コロナに関心集 まる中
https://mainichi.jp/articles/20200510/k00/00m/040/027000c


2020.05.09 記述
地下水バイパス:これまでの海洋への放出回数 323回 /排水量 547,240t /放出した危険なトリチウムはおよそ 775億2,815.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,255回 /排水量 886,836t /放出した危険なトリチウムはおよ 6,999億2,477万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

原発PR館、待望の施設へ異例の転用 利用者減り続け
https://www.asahi.com/articles/ASN5563FVN51ULBJ015.html

桜島が爆発的噴火、噴煙4200メートル 昨年11月以来 被害の確認なし
https://mainichi.jp/articles/20200509/k00/00m/040/087000c


2020.05.08 記述
【福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター】
新型コロナウイルス感染症対応について(5月8日現在)

https://fukushima-mimamori.jp/news/2020/000334.html

以下上記より一部引用

令和2年度に予定していた甲状腺検査の一部実施見合わせについて
福島県から、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年度1学期中に予定していた甲 状腺検査(学校での一次検査)を見合わせる
方針が示されたことから、放射線医学県民健康管理センターは、今年度の学校での検査の日程を再 調整することといたします。
今後の対応については、決まり次第、こちらのページや甲状腺検査カレンダーなどでお知らせしま す。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

引用終わり


福島県が甲状腺検査延期 小中高校会場、9月以降に
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020050875306

以下上記より一部引用

対象は田村、南相馬、伊達、川俣、広野、楢葉、富岡、川内、大熊、双葉、浪江、葛尾、飯舘、福 島、二本松、本宮、
桑折、国見、大玉の計十九市町村の小中学校と高校、いわき市の小学校

引用終わり


検査で密にならないような工夫はしないのか。分散登校や検査器具の消毒を徹底する対応はどう か。
コロナ検査も甲状腺検査も希望者には検査が出来る環境を整えよ。福島県は検討委員会や検査評価 部会に「延期」を諮ったのか。
9月までにコロナが収束するという根拠がないのだから。

この件を県民健康調査課に聞くと「今回は県の判断だ、検討委員会、評甲状腺検査評価部会や県議会にも諮っていない」と回答。
こちらから「検査の制度設計は検討委員会が作ったが、それならば県の判断で中止も出来るし、何でも勝手に出来ることになる」
と意見した。

サブドレン等:これまでの海洋への放出 回数 1,254回 /排水量 885,836t /放出した危険なトリチウムはおよ 6,992億3,477万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

【福島第1原発は今】(下)役目を終えた汚染タンクと最新技術で走る自動運転バス
https://www.sankei.com/premium/news/200508/prm2005080005-n1.html


2020.05.07 記述
【福 島第1原発は今】(中)今なお残る爆発事故の惨状 がれき撤去続く1号機
https://www.sankei.com/premium/news/200507/prm2005070007-n1.html


2020.05.06 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,253回 /排水量 884,835t /放出した危険なトリチウムはおよ 6,984億7,401万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

<新型コロナ>「東海第二 工事止めて」 市民団体 感染リスク重視/工事関係者「待機指示なら」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050602000117.html


2020.05.05 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,252回 /排水量 883,835t /放出した危険なトリチウムはおよ 6,976億2,401万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

1歳児被ばく、国連報告より低く 福島7市町村、詳細推計で
https://this.kiji.is/630300595300697185?c=39546741839462401

以下上記より一部引用

チーム代表の鈴木元・同大教授(放射線疫学)は「50ミリシーベルト以下は健康影響が出ること はほとんどなく、がんのリスクを
心配する線量ではない」としている。UNSCEAR報告は、精度が不十分な面があったという。

引用終わり


「50ミリシーベルト以下は健康影響が出ることはほとんどなく」って、チェルノブイリでは50 ミリ以下でも甲状腺がんが発症していますけどね!。

原発規制委、コロナで審査遅れも 秘密保持でネット使えず
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/605756


2020.05.04 記述
2020.3.24 東京電力 福島第一原発汚染水の取扱い検討素案(海洋放出:拡散シミュレーション)


上記動画は以下の動画より一部抜粋引用した。この拡散シミュレーションはセ シウム137の実測モデルからとのことで、
トリチウムの拡散モデルではありませんね!!。皆様、東電に騙されないで下さいよ。


東京電力 動画アーカイブ 2020/3/24(火) 多核種除去設備等処理水の扱いに関する記者会見
https://www4.tepco.co.jp/library/movie/detail-j.html?catid=61697&video_uuid=fsk63c9h

東京電力 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 報告書を受けた当社の検討素案について
https://www.tepco.co.jp/decommission/information/newsrelease/reference/pdf/2020/1h/rf_20200324_1.pdf

多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 報告書
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/018_00_01.pdf

当方、福島県民ですが、東電は「1F汚染水を福島から出したい」と理解しま した。
ALPS小委員会報告書に「放出場所」についての言及(提言)等は無かった と思いますが、違いますか!?。
東電松本氏:「(2020.1.1現在)今後減衰する分もあるが1,209 兆Bqも含めて2,069兆Bq全部放出する可能性はある」
これはトリチウムについてですが、タンク内860兆Bq、建屋内1,209 兆Bqの合計量2,069兆Bqの全てを福島から放出させる気か。

「東京電力福島第一原発の汚染水処理に関する質問主意書」への答弁が閣議 決定されました
http://www.abetomoko.jp/data/archives/205

以下上記より一部引用

一九七四年、昭和四十九年に環境・安全専門部会環境放射能分科会が、米国でのトリチウム放出の 実績を踏まえて、同じ沸騰水型
BWRの放出実績を踏まえて、我が国の管理目標をとりまとめています。当時とりまとめたのが、 我が国では三・七兆ベクレルと
いうのが一基あたりですね。管理していく努力目標として定められています。六基ございましたの で、三・七兆ベクレル×六で
二十二兆ベクレルです」との説明を受けた。

引用終わり


トリチウムについてはBWR1基あたり3.7兆Bqなんだ!!、おおお!すると1Fでは3基(1〜3号機)のメルトダウンに伴う汚染水だから、
3.7×3=11.1兆Bqの計算ですね。東電は年間管理目標値を22兆Bqと説明しているが、それは6基分ではないか!。

「処分甘すぎ」「ありえない話」 経産省改ざんの深刻さ
https://www.asahi.com/articles/ASN543H8HN54ULFA006.html

以下上記より一部引用

日本の原発行政の闇です。原発行政全体に関わる話なのに、大事な手続きが抜けた。今までやってきた原子力行政がなあなあだから、
命令の手続きもなあなあになった。そうとしか考えられません。今までの原子力行政のあり方が、ここに象徴されているんです。

さらに言えば、経産省はいま、省内の執務室を施錠している。国民に対する説明責任を果たそうと思えば、外部の「閉め出し」のよう
なことはしない。国民に対する姿勢、省としての基本的なところがおかしいから、こういうことになるんだ。私はそう思います。

引用終わり


2020.05.03 記述
地下水バイパス:これまでの海洋への放出回数 322回 /排水量 545,491t /放出した危険なトリチウムはおよそ 773億1,827.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,251回 /排水量 882,824t /放出した危険なトリチウムはおよ 6,966億9,389万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

入学生 事故後初めてゼロに 大熊町立小学校
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050202100046.html


2020.05.02 記述
サブドレン等:これまでの海洋への放出回数 1,250回 /排水量 881,819t /放出した危険なトリチウムはおよ 6,960億4,064万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

FFTV 福島第一原発ALPS処理汚染水〜漁業の視点から/ゲスト:水藤周三さん(高木仁三郎市民『科学』基金)

https://youtu.be/MnKRBcB7o9I

2020.4.28 経産省は全都道府県に対する新型コロナ緊急事態宣言発令中に
「多核種除去設備等処理水の取扱いに係る関係者の御意見を伺う場(第3回)」開催を予定

https://nomorefukushima2011.com/goiken2020.html

処理水30キロ拡散と東電予測 漁業者「風評助長する」
https://www.sankei.com/affairs/news/200502/afr2005020009-n1.html

東電が3月24日公表の内容が今頃記事に!。


2020.05.01 記述
燃料プール内にドローン 6月中旬に福島第1原発2号機の内部調査
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200501_63013.html

<東海第二原発 再考再稼働>(14)最も危険な原発、廃炉に 元京大原子炉実験所助教・小出裕章さん(70)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202005/CK2020050102000164.html

関西電力、大飯原発の定期検査を延期 2〜3カ月、作業員多く地元でコロナ懸念
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1079021

ウラン容器の封印破損 原燃に規制庁厳重注意/濃縮工場
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/347337